お知らせ

・FIFAワールドカップ2022 日本×スペイン12/2(金)あさ4時キックオフ
フジテレビ系列全国生中継 放送記念 野村一晟アンビグラム
「超越→感動」「突破→歓喜」完成!グッズ販売開始!

・富山県射水市三ケに、野村一晟アンビグラム常設ミニギャラリー「アンビグラムサンガ」オープン!

 

・ラジオかなざわ、ラジオたかおかにて、毎週土曜日(2,4,5週は再放送)10:30~11:00

 金沢大学・岐阜大学・富山大学・金沢工業大学の学生が作る「インカレ 大学放送研究会」放送中!

・エフエムいみず、ラジオたかおかにて、毎週金曜日「こども未来プロジェクト」放送中!

・当法人出版書籍「まずは大学入試改革から考えよう」アマゾンなどのネット、全国書店にて販売中!

ごあいさつ

民間の立場でできることを

 ますます進む少子高齢化の中、様々な課題解決に向けた努力が行われています。特に地方都市では、小中学校の統合問題や空き家問題など、多岐にわたっており、子育て支援、働き方改革など、街づくりなど、行政改革を必要とする緊急の社会問題です。

 さらに未曽有のパンデミックは、とくに未来を生きる子供たちにとって、大きな影響を与えました。

 私たちは、こうした問題に、微力ながらもお役に立つべく、民間の立場でできる、教育、文化芸術など、様々な事業を行っています。

私たちの取り組み

文化芸術振興事業

 コロナ禍で、音楽やイベントも、発表の機会は多数奪われました、しかし有名無名問わず様々なアーティストがネットで発信し続け、世界中に希望を与え続けています。
 人が集まる、不要不急の外出に位置付けられた音楽に、わたしたちは勇気づけられ、励まされているのです。
 音楽は有史以来、いつでも私たちに寄り添い、いつでも希望を与えてくれました。そのことに畏敬をこめて、世界中で最も愛されていると言っても過言ではないクラシックピアノ演奏の美しい音色を響かせていただきたいと思います。

第1回の千葉大会に引き続き、2021年の第2回は富山で開催。東京、大阪、シンガポールからのエントリーもありました。チューリップテレビで、当日の特番を放送。9月11日16:30~

 

地方創生イベントの主催、地方撮影の映画への協力

 多くのパフォーマー、飲食店たちも、コロナ禍で苦しんできました。活動自体が縮小されていくことは、市民レベルの文化や芸術の火が消えてしまうことにつながりかねません。私たちが元気に暮らしていく基本となる、健康で文化的な活動を縮小し続ければ、コロナを克服する以前に免疫力は低下してしまうでしょう。それどころかストレスがますます心を覆いつくしてしまうでしょう。

当法人では、地方活性化につながるような芸術イベント、コンサートなどを開催し、誰もが表現し、鑑賞できるよう、感染対策はしっかりしながらも、地方が元気になるような活動を、行っています。こうしたイベントでは地元の大学生が地域のの皆さんや、高校等を取材して映画を上映するなど、協力してくれています。

また、地方で撮影される映画への様々な形での撮影支援、広報支援などを行い、地方のすばらしさを多くの皆さんに知ってもらうお手伝いをしています。

 

世界で活躍するアーティスト、タレントをプロモーション,地方創生を目的とした番組制作を行います。

 

アーティストにとって、アートを本業にすることは簡単ではありません。また、世界的に高い評価を受けていても、セルフプロモーションで、出演交渉や作品管理をすることは困難です。NEDプロダクションは、そのようなプロモーション活動をお手伝いしています。

また、コンクールを通じて新しい才能を発掘し、パフォーマンスの機会を作ったり、ラジオやテレビ番組、イベントをプロデュースして、活躍の場を演出を行い、地方創生を目的とした番組創りを行っています。

では、活動に悩みをお持ちのアーティスト、これから様々な活動をしてみたい方を募集しています。

世界一小さな出版社です

インターネットの普及による紙離れに加え少子高齢の時代、街の書店は減りました。また、紙の本を出版するには莫大なコストがかかります。よって出版社はこれまで以上に「売れる本」を企画しなければならなくなりました。紙の本を出すのは難しい時代になったといわれます。

 しかし、「本」というカタチにして世に送り出し、ページを繰って読んでいただくという文化には、特別な意義があるのではないでしょうか。価値ある知的財産を、売れる、売れないといったファクターだけで埋もれさせず、何とか出版できないか、多くの出版界の皆様にお知恵をお借りして書籍を出版しています。

 教育や文化芸術を中心とし、様々な分野の有識者、専門的な知識や経験をもった著者の著書を出版する、おそらく世界一小さいであろう出版社です。

著者を募集しております。現代の諸問題への提言、後世に残すべき特定の分野での研究や金言等、自費出版ではありません。商業出版をいたします。詳しくは、お問い合わせください。

こども体験事業

自然体験は、家族旅行や部活動の合宿とは全く異なり、子供たちの自立を促し、目標達成能力を身に着けるという重要な役割があり、昭和23年に制定された社会教育法により、社会教育関係団体が定義されています。しかし、現在、民間の社会教育団体の指導による自然体験教室は、数えるほどしかありません。指導者として、国立青少年教育振興機構にて研修を受けたリーダーを中心とし、同機構の、「体験の風を起こそう」推進事業登録団体として、運動の趣旨に基づいて、より効果的な体験となるように、日々研究を重ねています。NEDグループ 一般社団法人新都心教育開発実施

https://eee.or.jp

大学生と共同でのラジオやイベントを用いた地域おこし事業

令和時代も早4年、教育を取り巻く環境も以前とは大きく変わりました。AIの台頭、激しさを増す国際競争、予想もしなかったパンデミック・・・これからの子供たちに必要なのは先の見えない未来に、生き抜く力といわれています。
こども未来プロジェクトは、高校生までの皆さんには、これからの学びのヒントになるような情報を、お父さんお母さんには、子育てに役立つ情報を、コミュニティーFMから発信をっております!

岐阜大学学生放送研究会ラジスタが、隔週で番組作りを行ってくれているほか、地元のアーティストや大学の先生からお話を伺ったり、地元の大学や生涯学習活動、お祭りやイベントのご案内も行っています。

また、、ラジオかなざわ、ラジオたかおかにて、毎週土曜日10:30~11:00
金沢大学・岐阜大学・富山大学・金沢工業大学の学生が作る「インカレ 大学放送研究会」放送開始。

こうした活動は、今後、ケーブルテレビや地方局に広げていきたいと考えています。

高等学校進路教育支援・大学支援

令和の時代を迎え、日本の教育は、大きく様変わりしています。少子化による大学全入時代に突入。特に大学入試は、教育改革の時を迎え、新学習指導要領導入にともなう共通テストの「難化」が話題になっています。また、国公立大学の法人統合化など、今、高等教育も、大きく変わろうとしています。 当法人は、非営利型一般社団法人新都心教育開発とともに、さまざまな教育支援を行っています。

 具体的には、大学の意義や特色について、高校生や保護者に情報提供を行ったり、入試広報活動、説明会、相談会、講演会などの有益なイベントを主催したり、書籍にすることで、広くその魅力を伝える活動を行っています。また、同時に、全国の中、高等学校生徒の皆さん、保護者の方々にも、進路講和や講演会で入試改革に伴う学び方の提案などを非営利で行っています。

◇実施実績(主催 一般社団法人新都心教育開発)
平成30年4月 幕張で、国公立大学入試相談会が開催されました。
令和元年11月10日に京都で、17日に名古屋で、国公立大学(北陸4大学合同)進学相談会が開催されました。
京都会場 11/10(日)開催 後援 京都府教育委員会・京都市教育委員会京都新聞
名古屋会場 11/17(日)開催 後援 愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・中日新聞

令和3年12月 国公立大学進学説明会開催 千葉県教育委員会後援 

お問い合わせ

  • 03-6821-1755
  • nst@eee.or.jp
  • 102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5階